2019年度副業物語 −後編−

副業
iedene
みなさまこんにちは!副業サラリーマンiedeneです。 2019年度売上公開後編です!順風満帆にここまで来たかと思っていましたが 新規クライアント突然の登場や別れなど、後半もかなりのドラマがありました。 副業をお考えの皆様の一歩を踏み出すきっかけになれれば幸いです。

前編のおさらいという事で、私の2019年度の売上実績を貼っておきます。

今回の後編は第4QTの7月からの事をお話しさせていただきます。

↓前編はこちら!

第3QT

新機軸リフォーム事業

一旦沈みかけた売上ですが7月に持ち直し始めます。
新規事業で施工業者とタッグを組んだリフォーム事業の売上が後押ししたからです。
残念ながら今の所この1件で終わっていますが、
集合住宅(団地)のバリアフリーリフォームです。
実はこのジャンルはこれからニーズが増えるのではないかなと思っています。
老朽化した集合住宅(団地)でニーズを掘り起こす事ができました。
こちらも営業をかけて仕事を取りに行ければ化ける可能性のあるコンテンツだと思っています。

TOPシーズン到来!売上UP

8月の売上が60万を超えました。
半年に一度のTOPシーズンなので当然といえば当然です。
ここでまた新しいクライアントとの仕事を成功させます。
この月は都合4クライアントとの仕事を同時進行させていました。
毎日毎日気の抜けない日々が続きます。

さらに突然の新クライアント登場!

9月に入りまた新しいクライアントとの取り組みが始まります。
このクライアントとは今現在コロナショックの時期でも私のことを気にかけてくれており、
お仕事を継続的にいただいています。
非常にありがたい存在です。
売上は下がりましたが粗利を確保出来ました。
新しいクライアントとの出会いもあり何か新しいフェーズに突入した月でもありました。

第4QT

既存クライアント+新クライアント

10月に入り今までのクライアントと新しいクライアント両方から
どんどん仕事が来るようになりました。
おかげさまで売上も倍増。
一旦落ち込んだ売上でしたが10月で55万まで達成できました。
4月から比べるとじわじわと売上が上がってきています。
このまま上昇していけば、、、、
そんな期待が高まる月でした。
2019年度ラストスパートです!

年末売上倍増!

11月に入り再び売上が倍増します。
この時は3月のビギナーズラックとは違い、
何か確かな手応えのようなものを感じていました。
「このままいけば1千万は超えるぞ」
ネオ1千万プレイヤーが手の届くところまできました。
副業当初に掲げた目標でしたが初年度での達成が見えてきたのでした。
気の抜けない日々が続きます。

土日祝日全てが副業!

当然ですがこの頃は本当に忙しかったです。
毎日夜は副業作業に取られ。
土日も全て副業作業。
この頃は精神的におかしくなりそうなぐらい忙しかったです。
ですが人生一度ぐらいこんな時があっても良いのかなと思いながら
ひたすら量をこなしていました。
クリスマスもなければ大晦日もありません。
ひたすら作業、作業、作業です。
でも新しい扉が開けた充実した日々でした。

そして初年度決算!

初年度実績

結果初年度実績は

¥4,880,000

で着地となりました!

クライアント別実績

ここでクライアント別実績を記載させていただきます。
もちろん社名は書けません。

  • A社:¥2,361,000
  • B社:¥400,000
  • C社:¥695,000
  • D社:¥660,000
  • E社:¥610,000
  • F社:¥20,000

やはり最終的には一番最初からおつきあいさせて頂いていた、
会社様からの受注量がぶっちぎりでした。
そのほかのクライアント様もかなりの仕事を私に出してくださっています。
本当にありがたい話です。

総括

2019年副業を始めた当初はここまで行けるとは思っていませんでした。
まさかの結果で本当に皆様には感謝のしようがございません。
これからも皆様に支えられながら邁進していきたいと思います!

2020年度に目指したい事

私は2019年度が締まった時により具体的な次年度の目標を立てました。

副業売上を¥7,000,000に乗せることです。

ざっくりですが年収が1.3千万になります。
分かりやすいところでは野村證券の課長クラスの年収になります。

https://shukatsu-mirai.com/archives/67658

私はこれを2020年の目標に設定しました。

実はこの記事を書いているのは5月です。
4月まではこの目標を上回るペースの売上で推移していました。
しかしご存知の通りコロナショックです。

完全にストップしてしまった収入を何とかしなければならない状況です。

私のモットーとにかく行動を実践し、

この難局を何としても乗り切りたいと思います!