副業NGの会社で副業をするには?

副業

皆さまこんにちは!副業サラリーマンのiedeneです。

今日はタイトルにもあります「副業NGの会社で副業をするには?」

についてお話ししていきたいと思います。

iedene
本日は副業をやるべき理由について語ります。ガンガンやるべきと思っていますのでその理由をお聞きください!

働き方の変化

今のサラリーマンにとって昨年施行された「働き方改革関連法案」はかなり大きな出来事だったと思います。

事実上政府が副業、兼業を後押しする形となったからです。

2019年はその他にもそれらを取り巻くニュースがたくさんありました。

経団連の中西会長が、2019年4月に、

「正直言って経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです。どうやってそういう社会のシステムを作り変えていくか、そういうことだというふうに(大学側と)お互い理解が進んでいるので」

と述べ、雇用のシステムを変えていく必要性を主張しました。

また、トヨタ自動車の豊田章男社長が終身雇用に関して、

同年5月の日本自動車工業会の会長会見で

「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」

と述べたりしました。

経団連会長とトヨタの社長がこのような発言をするという事は、

旧態依然の雇用スタイルには限界が来ているという事を意味し、

雇用に対する考え方が一つ大きなターニングポイントを迎えているという事だと思います。

まだ会社のルールに縛られますか?

この様な状況でもまだ会社のルールを頑なに守り続ける事が本当に正しいのでしょうか?

答えは「NO」です。

会社が従業員の人生を背負う事が出来ないと、公式に発表されたのです。

会社に人生を預ける時代は終わりました。

これからは「個」の時代です。

自分の力でビジネスを立ち上げ、自分で稼ぐ力が必要になってきます。

私はその事に2年前に気づき、種を撒いて花を咲かせる事が出来ました。

皆さまにも早くこの事に気付いて欲しいのです。

それではどの様に副業をするか?

しかし副業をOKしている会社はまだまだ少なく、

副業禁止を謳う会社がほとんどであるのが現状ではないかと思います。



ならばどうするか?答えは簡単です。

会社のルールなんて無視してどんどん副業すれば良いのです。

誰にも言わなければ会社にバレる心配はありません。

収入が増えると住民税でバレると言われていますが、

確定申告時に申告分の住民税を個別で払う様記載すればいいだけです。

申告書の1箇所にチェックをするだけです。

それだけで会社にバレる心配はなくなります。

税務署は味方です

そもそも人より多く税金を収め、

国のために人一倍働いているわけですから、

普通にサラリーマンだけで税金を収めている人よりもお国の為になっているという考え方も出来ます。



より多くの税金を払っているわけですから、

税務署から会社に通告される様な事は100%ありません。



バレて会社での立場が危うくなるという事は、このご時世ではありえない事だと思います。



但し「ひがみ、やっかみ」についてはこの限りではありません。

皆安い給料で働いているのにアイツは何なんだ!?となりかねませんので、

副業の事を他人に喋る事は避ける方が賢明でしょう。

どんどん副業しよう!

とにかくどんどんやるべきです。

副業する事は悪ではありません、むしろ善です。

自分のため、家族のためだけではなく、国のためにもなっています。



今の時代背景から考えますと、収入をいち早く増やす方法が副業です。

皆様も早くその事に気づき、私と同じ様に「ネオ1千万プレイヤー」を目指して下さい。



次回からは具体的な副業方法についてお話ししていきたいと思います。