イラストレーターを使ったイケてるフォントの作り方【無料初心者向】

デザイン
iedene
皆さま今日は!副業サラリーマンiedeneです!
使えるデザインシリーズ第2弾です。
本日はイラストレーターを使ったイケてるフォントの作り方について
全て無料の内容を初心者向けに解説していきます。
“おしえてさん”
前回はアイキャッチやサムネイルの作り方をフォトショップで解説していただきました。今回はその応用編という事ですか?
iedene
応用編というわけではないですが、アイキャッチやサムネイルに今回作ったフォントを入れることは可能です。そこまで突っ込んだ内容でお話ししていきますね!

前回の記事はこちら!

今回はイケてるフォントつまり装飾文字も簡単に作っちゃおうって記事です。

ゴールドに輝いてたり、ネオン管風だったりと色々な文字を見かけると思います。

イラストレーターを使えば簡単に作ることができます。

但しゼロから作るのは途方もない時間がかかりますので、

フォーマットをダウンロードして簡単にパパッと済ましちゃうやり方を解説します。

【本記事の内容】

■イラストレーターを使ったイケてるフォントの作り方■
・イラストレーターとは?
・イケてるフォントを作ってみる
・アイキャッチ画像に入れてみる

【記事を読んで欲しいのはこんな人】

・目立つアイキャッチ画像、サムネイルを作りたい人
・なんだかんだイラストレーターを使いたいと思っている人
・ギアにこだわりのある方

イラストレーターとは

フォトショップと同じアドビのデザインソフト

IllustratorはPhotoshopと同じく世界で最も有名な描画ソフトです。

イラレと訳して呼ばれるケースがあります。

Adobe(アドビシステムズ)というアメリカのソフトウェア会社によって提供されています。

Photoshopが画像編集に特化しているのに対し、Illustratorは描画に特化しています。

後から説明しますがアウトライン(パス)という概念で描画します。

イラストレーターの使い方

Illustratorは有料ソフトです、こちらはPhotoshopと同様です。

Illustratorのソフトは店舗で売っているわけではなく、完全にオンライン上で自分のパソコンにインストールするしか方法はありません。

Illustratorはアドビの公式サイトか下記ショッピングサイトで手に入ります。

いきなり本体を購入するのは抵抗があると思いますので、

アドビの公式サイトで一旦無料体験版でソフトを触ってみる方がいいかもしれません。

無料体験版の期間が終わると、Illustratorが起動しなくなります。

このタイミングで有料版を購入してもいいと思います。

アウトラインとは

Illustratorはアウトライン(パス)という概念で描画し、

どんなに拡大しても縮小しても画像が劣化することがないベクターデータで作成されます。

ベクターデータで作られた画像はベクター画像といいます。

大きなポスターなどで使われる文字はベクター画像で作られています。

ちなみにフォトショップはラスターデータと言って小さな点(ピクセル)の集合体で画像を表現しています。

点の大きさ(解像度)によって拡大するとボケてしまったりします。

拡大して画像がボケてしまう事を「ガビる」と言います。参考まで。

イケてるフォントを作ってみる

フォーマットのダウンロード

もちろん優秀なソフトなので様々な表現が可能ですが、

今回は無料フォーマットを使って表現する方法を解説していきます。

私が使っているサイトでイラストACというサイトからフォーマットをダウンロードします

「文字」で検索すると以下のようなフォーマットが多数出てきます

「イラストレーターで入力できる」等が書いてあるフォーマットをダウンロードします。

必ず「AI」を選んで下さい。「AI」はIllustratorの略です。

イラレで開いてみる

ダウンロードが終わりましたら早速Illustratorで開いてみましょう。

開くと以下のような画面になります。

ダウンロードしたフォーマットよりも文字が細くなっています。

これはフォーマットデータと同じフォントがなかったために代替えフォントとなっているからです。

フォントの種類は変えられますので太めのゴシック体を選択し変更ておきます。

文字を変えてみよう

早速文字を入力します。

一旦本記事のタイトルを入力してみます。

作業しやすいように新しい画面を開きコピーペーストします。

ここで本記事のタイトル「イラストレーターを使ったイケてるフォントの作り方【無料初心者向】」に書き換えます。

アイキャッチ画像にしたいので3段にすると軽く問題発生です。

ゴールドの模様が一列でしか対応していないようでした。

これはIllustratorが3段の文字列を一つのオブジェクト(対象)として認識しているためでした。

解決策としては最初から3列の文字列をバラバラのオブジェクトで作成すれば大丈夫です。

これで入れ込む文字の準備が出来ました。

アイキャッチ画像に入れよう

データの変換

実はIllustratorとPhotoshopは同じアドビ製品のため互換性があります。

今はコピーペーストで簡単にデータを移動できます。

これは本当に楽です。

このような事が出来るので、両ソフトがセットで語られる場合が多いです。

アイキャッチ画像にペースト

早速コピーペーストしていきます。

前回作成したアイキャッチ画像のデータにペーストします。

ここで注意してほしい事が必ず「ピクセル」を選択する事です。

ピクセルで選択すればPhotoshop上でもデータの修正が可能です。

サイズ色を調整

ペーストすると以下の様な状態になります。

ペーストした文字のレイヤーが新規レイヤーとしてコピーされている事がわかります。

ここで余計なデータを消していきますが選択して消去しなくともレイヤーを非表示にすればOKです。

レイヤーウィンドウの「目」を非表示にすればOKです。

文字の大きさや下に敷く色の調整などを済ませて完成したのが上記の画像になります。

ゴールドの文字を使うとYouTubeのサムネっぽい雰囲気になりますね。

まとめ

今回は「イラストレーターを使ったイケてるフォントの作り方」をお送りしました。

IllustratorとPhotoshopは無限の可能性を秘めているソフトです。

そのポテンシャルからも導入をお勧めしますが、

何よりこのジャンルのパイオニアであり元祖のソフトです。

企業案件などを扱うならこのデータでの提出を求められたりもしますので、

副業で使用を考えている方は、早めに導入することをおすすめします。

まだまだ出来る事が無限にありますので、

今後もシリーズで記事をお届けできればと思います。