iedeneブログ開設!

副業
iedene
iedeneの誕生秘話からこれからの目標をお話しします。

iedeneの出来るまで

みなさま初めまして!iedeneと申します!都内で平凡なサラリーマンをしています。中小企業の課長で年収は550~600程度です。家族は妻と子供が二人(未就学児と小学生)これからガンガンお金がかかってくる年頃です。
2年前の2017年からこのままサラリーマンをしていても給料が上がらない。
転職市場での自分の価値も客観的に理解できており、完全に賞味期限切れ。
独立して勝負するしかないと考えていました。まさに崖っぷち状態でした。
2018年に独立しようとビジネスの準備を進めておりましたが、相談していた友人から「それってサラリーマンやりながらも出来るんじゃないですか?」と助言を受け、2019年から副業スタート。初月から数万程度の粗利を出し、これは行けると判断。現在に至ります。

副業について

私が行なっている副業は労働型の副業です。よって投資などの不労所得を得ているわけではありません。サラリーマンをしている我々が労働型の副業をするとしたら、就業後の夜か、仕事が休みの土日に作業する事になります。私の場合はクライアントから「土日に作業してくれる人」と認識されているので、平日よりも土日の方が忙しい状態になっています。このようにある程度クライアントからの信頼を勝ち取ることが出来れば、今の年収+100~200万ぐらいなら簡単に稼ぐことが出来ます。

会社員として年収UPは現実的か?

今の会社に属していて、この年齢でそこまで年収が上がると思いますか?40代500万程度で給料が頭打ちしている感覚をお持ちの方は、是非副業に挑戦していただきたいと思います。

いつ作業するの?作業時間について

作業時間の捻出についてです。折しも「働き方改革法案」が施行され、残業NGの風潮がある昨今です。私の勤めている会社も例外ではなく、残業NGとなってます。定時で上がった後作業時間の確保は、さほど難しい事ではありません。また前述した通り、土日はフリーで作業ができます。家族との時間は多少削られてしまいますが、私の場合そこも上手く工夫しています。
私自身も仕事を他の外注に手伝ってもらっているからです。

iedeneとは?

iedeneという名前の由来は「家でね」という意味です。つまり在宅で仕事のできるプラットフォームを作る事が私の考えていたビジネスなのです。作業をするのは在宅ワークを余儀なくされている人です。そのような境遇の方々に在宅で仕事をするチャンスを与える機会を作りたいと思っていました。

これからの目標

私は副業収入が本業収入を上回る事を目標としています。具体的には年間200万さらに稼げれば本業を上回ることができます。200万というと月約16.6万、この金額をブログ、noteの収益で目指そうというのが私の2020年の目標となります。ブログ開設とnote執筆。これらに加えてTwitterでの情報発信を折り重ね厚みのある情報発信をする事で、iedeneをブランド化し、新たな価値を創造します。
私は2020年からこの方法にシフトつまり労働型副業から不労所得型副業に少しづつ切替していき、副業が本業を超える事を目標にしていきたいと思います。